川本 英治生産部長から一言意気込みをいただきました。

seisanbucyou2016_1

自分は六十歳まで、農薬・農機具販売のサラリーマンをしながら兼業でみかん作りをしてきた。

そうした専門知識も活かしていきたいと考えている。

 生産部長として、まず一番に考えたいのは、市場から求められる総量の確保。

そのために、必要な対応を考え実践していきたい。

 日の丸の園地は、他に抜きんでて好条件の環境に恵まれている。

だからこそ、努力した結果としての差を出しやすいが、常に「向上心」と「危機意識」を持って、

味、品質、量共に、定めた目標の実現に向けて進んでいきたい。


日の丸柑橘共同選果部会 生産部長 川本 英治

ページ上部へ戻る