日の丸みかんの歴史

hinomaru_banner_rekishi

 

日の丸みかん栽培の歴史は、明治27年、大家百治郎氏の手により、福岡県からみかん、夏柑、ネーブルなど約3,000本の苗木が導入されたのに始まります。当時日の丸地域は半農半漁の貧しい集落で零細規模の段畑には、桑、藍、いも、雑穀類が栽培されていたと言います。


hinomaru_rekishi_syashintougou1. 明治末期~大正初期(第1次発達期)
桑、藍などの混植時代で、現在の老廃園にあたります。
2. 大正末期~昭和初期(第2次発達期)
この頃までのみかんは商人買付けで、船便により下関方面へ販売されていました。昭和5、6年頃から手回し選果機により個選で大阪方面へ出荷され始め、市場指定が行われます。昭和8年に共同選果場が建設され、同時に共販体制が確立し “向灘日の丸柑橘出荷組合” が誕生。計画出荷が行なわれます。しかし、昭和13年みかんが増産され始めたことから、“日の丸”、“朝日”、“丸ム” の各組合に分裂し出荷競争が激化し始めます。
3. 第2次大戦中から戦後にかけ、食料増産の名のもとで強制伐採
4. 昭和21年~25年(回復期)
戦後、本格的な選果場体制が整備され、東京市場へ進出。(神田市場のみの集中出荷)
5. 昭和26年~30年(第1次増植期)
この頃、日の丸みかんの顔と言われる南柑20号が盛んに増植されます。
6. 昭和31年~35年(第2次増植期)
この後数年間、みかんの黄金時代を迎えます。7. 昭和36年~42年(地区内全園温州みかんが植栽される)
経営規模拡大による増産で現在の140ヘクタールが開園。昭和39年8月に “日の丸”、“朝日” の両組合が合併。
8. 昭和43年以降~(農協との合併により、みかん農業近代化へ)
この時期に果樹広域濃密団地形成計画の下、西宇和地域の生産組織が整備され、日の丸地区も各柑橘出荷組合と八幡浜市農協が合併し、現在の八幡浜青果農協、みかん日の丸部会が誕生しました。そして、日の丸地区のみかん生産組織が統合したことにより旧来の個性的な生産販売組織活動と総合農協の指導機能がマッチし、日の丸部会特有の産地運営が展開されるようになりました。また、昭和57年には第11回日本農業賞を受賞し、農業の近代化、将来の農業の担い手となる経営、技術、組織活動等の成果がNHKを通じて全国放送され、日本農業の発展に貢献することができました。さらに平成2年には宮内庁と県青果連のご推挙により、昭和天皇大賞祭に供納するみかんを献上することができ、質実とも日本みかんの最高峰としてあらためて君臨するに至りました。

 

日の丸みかんを育む “3つの太陽”

愛媛県八幡浜市は、日本でも有数のみかんの産地です。穏やかな宇和海が眼前に広がり、太陽は燦々とみかんの木々に降り注いでいます。日の丸みかんの段々畑は、宇和海に面した山の南斜面に、東西約4kmにわたって広がっています。

「3つの太陽」とは、1つ目が、全面南向きの段々畑に日の出から日の入りまで降り注ぐ太陽の光。2つ目は、段々畑の眼下に広がる宇和海からの反射光。そして3つ目は、明治時代の先人たちが傾斜地の土が流れないようにと手で積んだ石垣からの反射光。これら “3つの太陽” をたっぷり浴びて、濃厚な味わいのおいしい日の丸みかんが作られるのです。

ページ上部へ戻る